超音波検査士関連

◆公益社団法人日本超音波医学会主催の「超音波検査士認定試験」について

●当学会に正会員として3年以上継続して在籍すると受験資格を得ることができます.
●学生会員の期間は会員歴に含まれませんのでご注意ください.
●2011年度以降,在籍期間に空白が生じていない限り,日本超音波検査学会と日本超音波医学会の会員歴が合算できるようになりました.
入会日は学会ホームページの「会員専用ページ」で確認できます.
 会員専用ページ>会員情報の閲覧・変更
●公益社団法人日本超音波医学会 認定超音波検査士制度委員会からのお知らせ(2016/10/14)

NEW ◆超音波検査士認定試験の日程変更について  (下記,赤字部分が変更されましたのでご注意ください)

回数 受験年度 試験予定日 受験可能入会年月日
32 平成28年度(2016) 2017年2月5日 2013年12月31日まで
33 平成29年度(2017) 2017年11月26日 2014年12月31日まで
34 平成30年度(2018) 2018年11月または12月 2015年12月31日まで
35 平成31年度(2019) 2019年11月または12月 2016年12月31日まで
36 平成32年度(2020) 2020年11月または12月 2017年9月1日まで
37 平成33年度(2021) 2021年11月または12月 2018年9月1日まで
38 平成34年度(2022) 2022年11月または12月 2019年9月1日まで
第32回認定試験について,既報のご案内に変更はありません.
第33回認定試験は,2017年11月26日に実施予定です.第34回以降も11月または12月に実施される予定です.
第33回~第35回に受験される方は,当該年度の12月31日までに,3年以上継続して本学会の正会員,または日本超音波医学会の正会員,シニア会員,準会員であることが必要です.
第36回以降に受験される方は,当該年度の9月1日までに,3年以上継続して本学会の正会員,または日本超音波医学会の正会員,シニア会員,準会員であることが必要です.

「超音波検査士認定試験」の受験資格の詳細は,公益社団法人日本超音波医学会のHPをご覧ください.

超音波検査士制度委員会からのお知らせ(平成29年度 第33回超音波検査士認定試験のお知らせ)
検査士試験受験資格

◆超音波検査士の資格更新について

超音波検査士の資格更新には,日本超音波検査学会または日本超音波医学会のいずれかに継続して在籍していることが必要です.
  例)在籍中の会を3月31日に退会 → 移籍する学会に4月1日に入会

※事務手続きや錯誤防止のため,移籍先学会の入会が確定ののち,退会手続きすることをお勧めします.
※学会在籍期間に1日でも空白が生じた場合には,いかなる理由でも継続とは認められません.
※当学会では2年以上の年会費納入延滞で自動退会となります.退会処理後の入会は新規入会となり,継続在籍とはなりません.

◆お問い合わせ先

一般社団法人日本超音波検査学会事務局

〒162-0801 東京都新宿区山吹町358番地5
TEL:03-5389-3335 FAX:03-3368-2822
E-mail:jimukyoku@mail.jss.org