平成29年度学術賞報告

平成29年度学術賞が決定しましたので報告いたします.
 顕彰委員会および理事会にて,平成29年に機関誌に掲載された論文の中から理事長賞を決定しました.
 理事長賞の授賞式は平成30年6月3日第43回日本超音波検査学会学術集会(大阪市)にて執り行いました.

 学術奨励賞は第41回日本超音波検査学会(仙台市)で発表された一般演題より選考した候補6編が論文として「超音波検査技術」に投稿されましたので学術奨励賞が確定しました.
 学術奨励賞の授賞式は平成30年6月3日第43回日本超音波検査学会学術集会(大阪市)にて執り行いました.

【理事長賞】(1名)

つくばセントラル病院
 酒巻 文子
 『慢性腎臓病と左室長軸方向ストレインとの関連』

【学術奨励賞】(6名)

  1. つくばセントラル病院
    酒巻 文子
    『慢性腎臓病と左室長軸方向ストレインとの関連』
  2. 霧島市立医師会医療センター
    平賀 真雄
    『Bモード画像を用いた深部減衰による脂肪肝定量評価の試み
    ~Controlled Attenuation Parameterとの対比~』
  3. 愛媛県立中央病院
    奥田 安範
    『悪性リンパ腫肝浸潤の超音波所見の検討』
  4. 川崎協同病院
    高村 奈緒美
    『胎児食道閉鎖症におけるポーチサインの描出』
  5. よしもとブレストクリニック
    前田 奈緒子
    『乳癌のサブタイプと超音波画像の比較検討』
  6. 萬田記念病院
    菊地 実
    『バスキュラーアクセス超音波におけるAVF吻合部遠位の血流測定』