地方会委員会

JSS九州 第25回地方会学術集会のお知らせ

主催: JSS 九州地方会・一般社団法人日本超音波検査学会
実行委員長:中尾 博子(鹿児島共済会南風病院 臨床検査科)

*悪天候等気象影響による地方会開催状況につきましては開催状況ページで確認ができますのでご参照ください.

 JSS九州第25回地方会学術集会を鹿児島県鹿児島市にて開催いたします.
 今回のテーマは「伝える!伝わる!!臨床に活かすエコー」です.検査技術の進歩によりたくさんの情報が得られるようになった今日,エコーで得られた情報を十分に臨床側へ伝えられているか悩み不安に感じることは多くあると思われます.そこで今回,信頼されるソノグラファーを目指し,臨床に活かすエコー検査のポイントについて各領域で活躍する先生方にご講演していただきます.
 多数の皆さまにご参加いただきますようご案内申し上げます.

テーマ:
「伝える!伝わる!!臨床に活かすエコー」
日時:
2018年7月15日(日)9時30分~16時00分
会場:
map

鹿児島県医師会館 大ホール

〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町8-1
HP:http://www.kagoshima.med.or.jp/
アクセス
  • 鹿児島中央駅より徒歩5分
  • 鹿児島ICから車で約10分
    *会場には駐車場はございません.
     近隣(有料)駐車場をご利用下さい.
参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円,非会員(事前登録なし):4,000円
定員:
350名
事前登録:
受付期間 受付開始:2018年5月31日
受付締切:郵便振替 6月21日/クレジット決済 7月5日
*事前登録の入金をいただいて登録完了となります.入金されない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください.
ご注意:
  • 変更など最新情報や申込状況はホームページ(http://www.jss.org/)でご確認ください.
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です. 非会員や入会手続中の方はご利用いただけません.入会の手続きはお早め(1ヶ月程度) にお願いいたします.
  • 事前登録で定員を満たした場合,当日参加はできません.あらかじめご了承ください.
  • 事前登録で定員に満たない場合は当日参加を受け付けますが,受付開始は事前登録の方を優先します.
  • 事前登録後も期日までに参加費のご入金がない場合は登録が無効になります.
  • ランチョンセミナーを企画しております.事前登録者へはお弁当の配布を予定しております.(詳細につきましてはセミナー確定次第掲載いたします)
  • 当日参加者へのお弁当配布につきましてはお弁当が余り次第整理券を配布いたします.ご了承ください.(セミナー聴講は可能です)
  • 当日は事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください.
  • 小さなお子様連れの入場は進行の妨げとなるため, ご遠慮いただいております.
  • 会場内での撮影および録音は禁止とします.
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新5 単位が取得できます.
  • 会場に駐車場はございません.近隣駐車場(有料)をご利用ください.
  • その他,お知らせ事項についてはホームページでご確認ください.
連絡先:
公益社団法人 鹿児島共済会 南風病院 臨床検査科  中尾 博子
〒892-8512 鹿児島県鹿児島市長田町14-3
TEL:099-226-9111(内線1217)   FAX:099-805-2210
E-mail:nakao@mail.jss.org (できるだけE メールでお願いいたします)

≪一般演題公募のご案内≫

  • 領  域:領域は問いません(発表者は当会会員に限ります)
  • 申込要領:一般演題はWebからお申込いただきます.
    下記のボタンから投稿システムにアクセスし「JSS九州第25回地方会学術集会」にお申込みください.
  • 投稿締切:4月29日(日)
  • 演題採否およびプログラム編成はご一任ください.一般演題についてはプログラムが変更される場合があります.
  • 一般演題発表者は参加5単位に加え,発表5単位の取得が可能です.
  • 一般演題発表者は参加登録が必須となっております.早めの事前登録をお願いいたします.
  • 演題取り下げや,やむを得ない事情による演者変更のある場合には連絡先にご連絡をお願いいたします.
一般演題申し込み

JSS九州 第25回地方会学術集会 プログラム

7月15日(日)
時間 内容
8:50~9:25 受付
9:25~9:30 オリエンテーション・開会挨拶
9:30~10:20 第Ⅰ部 講演「ここがポイント!腹部ルーチン検査」
講師:
平賀 真雄(霧島市立医師会医療センター 医療技術部放射線室)
司会:
西 憲文(鹿児島厚生連病院 中央検査室)
腹部ルーチン検査をもう一度見直してみませんか?エコーは臨床側にだけでなく次に担当する検者にも検査情報を伝えることが重要です.ここではスクリーニングや経過観察の際にうまく伝えるポイントについて分かりやすくご講演いただきます.
10:20~10:30 休憩
10:30~11:20 第Ⅱ部 講演「明日から役立つ!急性腹症」
講師:
大石 武彦(取手北相馬保健医療センター医師会病院 放射線科)
司会:
塩屋 晋吾(霧島市立医師会医療センター 医療技術部放射線室)
一刻を争うこともある急性腹症,検査の対応や診断に戸惑うことも少なくないと思います.ここでは急性腹症を診る際に臨床側へ伝えるための留意すべきポイントや所見の捉え方について実際の症例を提示しながら分かりやすくご講演いただきます.
11:20~11:40 昼食
11:40~12:40 ランチョンセミナー(予定)
12:40~13:00 休憩・JQ26案内
13:00~14:00 第Ⅲ部 一般演題
14:00~14:10 休憩
14:10~15:00 第Ⅳ部 講演「どこまで迫る!肺高血圧症」
講師:
高尾 壽美惠(天神会新古賀病院 生理機能検査室)
司会:
古島 早苗(長崎大学病院 検査部)
肺高血圧の評価をみなさんはどう拾い上げ,どう臨床側に検査データを伝えているでしょうか?うまく臨床側に伝えるための検査のポイント,正確な評価法を実際の症例を提示しながら分かりやすく解説していただきます.
15:00~15:10 休憩
15:10~16:00 第Ⅴ部 講演「苦手克服!成人先天性心疾患」
講師:
水上 尚子(鹿児島大学病院 検査部)
司会:
中尾 博子(鹿児島共済会南風病院 臨床検査科)
先天性心疾患は治療が進歩し,成人期を迎えた複雑心奇形の術後患者は今後必ず皆さんの元にもやってきます.ここでは,複雑心奇形の術後評価を主体に実際の症例を提示しながら解説していただきます.