地方会委員会

JSS関東甲信越 第39回地方会学術集会のお知らせ

主催:JSS関東甲信越地方会・一般社団法人 日本超音波検査学会
実行委員長:菅谷靖恵(東京臨海病院)

*悪天候等気象影響による地方会開催状況につきましては開催状況ページで確認ができますのでご参照ください.

JSS関東甲信越 第39回地方会学術集会を東京国際フォーラム ホールB7にて開催いたします

今回のテーマは『心エコーで紐解く心機能,そして心不全』です.心エコーが重要な役割を担う,心機能および心不全評価を企画いたしました.あらゆる心疾患の終末像である心不全は,循環器診療の場で遭遇する機会も多く,その心不全診療に心エコーは欠かせません.今回,心機能評価はもちろんのこと,心エコー検査に役立つ心電図判読や心不全の病態学,最新の治療まで,各分野でご活躍中の講師の皆様にご教授いただきます.明日からの検査に役立つ多彩なプログラムになっております.多くのご参加をお待ちしております.また一般演題発表の募集も行っておりますので,公募内容をご確認の上,ご応募ください.

テーマ:
心エコーで紐解く心機能,そして心不全
日時:
2018年9月23日(日) 9時30分~16時20分(受付開始8時50分)
会場:
東京国際フォーラム ホールB7
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
TEL:03-5221-9000
アクセス
□電車利用(こちらがオススメです)
・JR線
・有楽町駅より徒歩1分
・東京駅より徒歩5分
 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
地下鉄
・有楽町線:有楽町駅とB1F地下コンコースにて連絡
・日比谷線:銀座駅もしくは日比谷駅より徒歩5分
・丸ノ内線:銀座駅より徒歩5分
・銀座線:銀座駅より徒歩7分
・三田線:日比谷駅より徒歩5分
□乗用車利用
  • 施設地下駐車場がございます.駐車料金は個人精算となり,地方会参加での割引等はございませんので,ご了承ください.
map
参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円
非会員(事前登録なし):4,000円
事前登録受付開始:
受付開始 2018年8月9日
締切 郵便振替 8月30日まで/クレジット決済9月13日まで
  • 定員に達し次第締め切らせていただきます.
    事前登録の入金をいただいて登録完了となります.
定員:
1,000名
ご注意:
  • 最新情報や申込状況は,学会ホームページ(http://jss.org/)でご確認ください.
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です.非会員や入会手続中の方はご利用いただけません.入会の手続きはお早め(1ヶ月程度)にお願いいたします.
  • 空席がある場合(HPで確認可能)には当日参加を受け付けますが,受付開始は事前の方を優先させていただきます.
  • 地方会参加の際には,事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください.
  • 会場内のビデオ撮影およびデジタルカメラでの撮影は禁止といたします.
  • ホール内での飲食は禁止となっております.
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新制度における5単位が取得できます.一般演題発表者は参加単位の他に発表5単位が加算されます.
連絡先:
〒278-8501 千葉県野田市横内29-1
小張総合病院 生理検査室 中野 英貴
TEL:04-7124-6666 内線5212(平日の16時30分以降)
E-mail:nakano@mail.jss.org (できるだけEメールでお願いします)

≪一般演題公募のご案内≫

領域:
心臓・血管領域全般(発表者は当会会員に限ります)
申込要領:
下記のボタンから投稿システムにアクセスし「JSS関東甲信越第39回地方会学術集会」にお申込みください。
投稿締切:
8月27日(月)
  • 演題採否およびプログラム編成はご一任ください.
  • 規定数に達し次第,締切となります.
  • 一般演題発表者は参加5単位に加え,発表5単位の取得が可能です.
  • 一般演題発表者は参加登録が必須となっております.早めの事前登録をお願いします.
  • 演題取り下げや,やむを得ない事情による演者変更のある場合には連絡先にご連絡をお願いいたします.
一般演題投稿

JSS関東甲信越 第39回地方会学術集会 プログラム

9月23日(日)
時間 内容
8:50~9:25 受付
9:25~9:30 開会挨拶・オリエンテーション
9:30~10:40 第Ⅰ部 心エコーに活かす!心電図判読講座
講師:
石崎 一穂 (三井記念病院 臨床検査部)
司会:
佐藤 和秀 (神奈川県厚生連相模原協同病院 医療技術部)
心電図には,迅速かつ正確な「心エコー検査」に必要なヒントが,隠されていることが多々あります. 心電図判読のコツやポイントを,心エコーとの対比を交えながら解説いただきます.心エコーをこれから始める方から,心電図判読をレベルアップさせたいソノグラファーまで必見のプログラムです.
10:40~10:50 休憩
10:50~11:40 第Ⅱ部 心機能評価のポイントとテクニック
講師:
内藤 博之 (北関東循環器病院 検査課)
司会:
森 貞浩  (相模原赤十字病院 生理機能検査課)
心機能評価は心エコー検査にてスタンダードかつ最重要な評価項目で,臨床の場では正確かつ再現性の良い検査データの提供が求められます.そこで,左心機能を中心に右心機能も含めた心機能評価のポイントや,臨床で活用できる計測テクニックについて詳しく解説していただきます.
11:40~13:00 昼食・休憩
13:00~14:00 第Ⅲ部 一般演題(5~6題予定) ※決定次第,学会HP上で掲載します
講師:
片岡 容子 (心臓血管研究所付属病院 臨床検査室)
座長:
辻本 恵美 (東京臨海病院 中央施設部 臨床検査科)
14:00~14:10 休憩
14:10~15:00 第Ⅳ部 症例で学ぶ!心不全の心エコー
講師:
西尾 進  (徳島大学病院 超音波センター)
司会:
中野 英貴 (小張総合病院 検査科)
心エコーは心不全診療において,原因検索から治療経過に至るまで得られる情報が非常に多く,その果たす役割は大きいです.そして心不全のエコー像は複雑かつ多彩で,評価に苦渋することも多いかと思います.そこで,左心不全を中心に右心不全も含めた実症例を提示していただき,臨床の場で行われている心エコー評価をより実践的に解説していただきます.
15:00~15:20 休憩
15:20~16:20 特別講演 心不全の病態学&治療の最前線~ソノグラファーに知っていてほしいこと~
講師:
加藤 真帆人 (榊原記念病院 循環器内科)
司会:
菅谷 靖恵 (東京臨海病院 中央施設部 臨床検査科)
今年3月にJCS/JHFS合同急性・慢性心不全診療ガイドラインが発表されました.高齢化社会で高齢者の心不全患者が増加しているなか,心不全診療やその治療概念も日々変化を遂げています.ソノグラファーが理解すべき心不全の病態学の基本から,最新の心不全治療・トータルケア,改訂されたガイドラインの情報を含め,経験豊富な心不全診療のスペシャリストに詳しくご教授いただきます.