地方会委員会

JSS関東甲信越 第38回地方会学術集会のお知らせ

実行委員長 竹内 豊(国立精神・神経医療研究センター病院)
主催 JSS関東甲信越地方会・一般社団法人 日本超音波検査学会

JSS関東甲信越地方会の今回のテーマは,「基本走査からのステップアップ!~ライブデモから学ぶ~」です.

消化管ガスの影響により観察部位の描出が出来ない場面に遭遇することが多いと思います.本当に描出が困難なのかそれとも描出の仕方が悪いのかなど,限られた検査時間もあり悩むところと思います.そこで,今回は「基本走査からのステップアップ!~ライブデモから学ぶ~」を企画しました.ライブデモを交えて各臓器の観察可能な範囲の見極めや見えやすい体位,プローブ走査による消化管ガスの移動方法,日常的に遭遇する炎症や腫瘤について,各分野のエキスパートの先生に講演を依頼しました.多くの皆様のご参加をお待ちしております.

テーマ:
「基本走査からのステップアップ! ~ライブデモから学ぶ~」
日時:
2018年3月11日(日) 9時25分~16時50分(受付開始9時00分)
会場:
大宮ソニックシティ 大ホール
〒330-8669
さいたま市大宮区桜木町1-7-5
TEL:048-647-4111
アクセス
□電車利用
・JRまたは東武野田線
 JR大宮駅西口より歩行者デッキ利用にて徒歩3分
  • 駐車場がございませんので,ご来場の際は公共の交通機関等をご利用ください.
map
参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円,
非会員(事前登録なし):4,000円
事前登録:
受付開始 2018年1月25日
締切 郵便振替 2月15日まで/クレジット決済 3月1日まで
  • 事前登録の入金をいただいて登録完了となります.
    入金されない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください.
定員:
1,000名
ご注意:
  • 最新情報や申込状況は,学会ホームページ(http://jss.org/)でご確認ください.
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です.非会員や入会手続中の方はご利用いただけません.入会の手続きはお早め(1ヶ月程度)にお願いいたします.
  • 空席がある場合(HPで確認可能)には当日参加を受け付けますが,受付開始は事前の方を優先させていただきます.
  • 地方会参加の際には,事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください.
  • 会場内のビデオ撮影およびデジタルカメラでの撮影は禁止といたします.
  • ホール内での飲食は禁止となっております.
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新制度における5単位が取得できます.一般演題発表者は参加単位の他に発表5単位が加算されます.
連絡先:
〒278-8501 千葉県野田市横内29-1
小張総合病院 生理検査室 中野 英貴
TEL:04-7124-6666 内線5212(平日の16時30分以降)
E-mail:nakano@mail.jss.org (できるだけEメールでお願いします)

*書籍販売を予定しております。
販売希望がありましたら上記連絡先までご連絡ください。(申し込み締切り1月27日)

≪一般演題公募のご案内≫

領域:
腹部領域全般(発表者は当会会員に限ります)
申込要領:
下記のボタンから投稿システムにアクセスし「JSS関東甲信越第38回地方会学術集会」にお申込みください.
投稿締切:
2月12日(月)
  • 演題採否およびプログラム編成はご一任ください.
  • 規定数に達し次第,締切となります.
  • 一般演題発表者は参加5単位に加え,発表5単位の取得が可能です.
  • 一般演題発表者は参加登録が必須となっております.早めの事前登録をお願いします.
  • 演題取り下げや,やむを得ない事情による演者変更のある場合には連絡先にご連絡をお願いいたします.

JSS 関東甲信越 第38回地方会学術集会 プログラム

3月11日(日)
時間 内容
9:00~9:20 受付
9:20~9:25 開会挨拶・オリエンテーション
9:25~10:25 第Ⅰ部 肝臓領域(講演+ライブデモ)
講師:
丸山 憲一(東邦大学医療センター大森病院 臨床生理機能検査部)
司会:
岡野 宏美(栃木県立がんセンター 検査技術部)
肝臓領域の日常的に遭遇しやすい疾患や,腫瘤の鑑別ポイントや評価について講演して頂き,走査法や最良な体位変換など,ライブデモを交えながら解説して頂きます.
10:25~10:35 休憩
10:35~11:25 第Ⅱ部 胆嚢・胆道領域(講演+ライブデモ)
講師:
武山 茂 (国立病院機構 横浜医療センター 臨床検査科)
司会:
佐藤 和秀(相模原協同病院 医療技術部)
胆嚢・胆道領域の炎症や腫瘤性病変について解説して頂き,基本的な走査方法や描出ポイントについてライブデモにて解説して頂きます.
11:25~11:35 休憩
11:35~12:35 第Ⅲ部 一般演題 5演題
座長:
上牧 隆 (筑波大学付属病院 検査科)
座長:
上原 信吾(佐久総合病院 診療技術部)
12:35~13:30 昼食・休憩
13:30~14:30 第Ⅳ部 特別講演
膵臓腫瘤の鑑別と診断ポイント
講師:
水口 安則(国立がん研究センター中央病院 放射線診断科)
司会:
竹内 豊 (国立精神・神経医療研究センター病院 臨床検査部)
14:30~14:40 休憩
14:40~15:30 第Ⅴ部 膵臓領域(講演+ライブデモ)
講師:
中谷 穏 (国立がん研究センター中央病院 病理・臨床検査科)
司会:
岩下 和広(飯田市立病院 放射線技術科)
膵臓は消化管ガスにより観察が困難なことが多い臓器です.観察するための工夫や圧迫方法,限界とするポイントなど講演とライブデモで解説して頂きます.
15:30~15:40 休憩
15:40~16:40 第Ⅵ部 腎臓・膀胱領域(講演+ライブデモ)
講師:
山本 真一(東海大学医学部付属大磯病院 中央臨床検査科)
司会:
森 貞浩 (相模原赤十字病院 生理検査課)
腎臓における主な疾患や描出方法.ライブデモによる腎の上極から下極まで見落としの無い走査方法について解説して頂きます.
16:40~16:50 閉会挨拶