地方会委員会

JSS関西 第30回地方会研修会のお知らせ

主催:JSS 関西地方会・一般社団法人日本超音波検査学会
実行委員長:井関 進也(公立豊岡病院)

*悪天候等気象影響による地方会開催状況につきましては開催状況ページで確認ができますのでご参照ください.

JSS関西第30回地方会研修会を兵庫県姫路市にて開催いたします.

今回のテーマは「体表超音波検査~ちょい当てから診断へのステップアップ~」です.体表領域の対象部位は超音波の大敵である骨と空気による影響が少なく,関節も手技の工夫により十分観察できることから,超音波検査が非常に有用な領域です.しかしながら,腫瘤の有無や大きさ,性状や血流情報等の所見は報告できても,質的診断や臨床的意義については自信がないソノグラファーも多いのではないでしょうか?本研修会では,そういった疑問をできるだけ解決して頂くために,「唾液腺・リンパ節病変」,「甲状腺・副甲状腺病変」,「皮膚・皮下病変」,「運動器・関節病変」について,スペシャリストから様々な病変の評価のポイントをご講演して頂きます.また,最後の総合討論会では,当日にお配りする質問用紙にて皆様から疑問を募り直接解決して頂く企画もございます.

多数の皆さまにご参加いただきますようご案内申し上げます.

テーマ:
『体表超音波検査~ちょい当てから診断へのステップアップ~』
日時:
2018年12月9日(日) 9時30分~16時00分
会場:

イーグレひめじ 3階 あいめっせホール

〒670-0012 兵庫県姫路市本町68番地290
TEL: 079-287-0803
HP: http://www1.winknet.ne.jp/~egret-himeji/
アクセス
JR姫路駅(北口),山陽姫路駅より徒歩約10分
*会場地下および会場周辺に有料駐車場がございますが,地方会参加による割引等のサービスはございません.
参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円,非会員(事前登録なし):4,000円
定員:
280名
事前登録:
受付期間 受付開始:2018年10月25日
受付締切:郵便振替 11月15日/クレジット決済 11月29日
事前登録の入金をいただいて登録完了となります.入金されない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください.
ご注意:
  • 変更など最新情報や申込状況は学会ホームページ(http://www.jss.org/)でご確認ください.
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です.
    非会員や入会手続中の方はご利用いただけません.入会の手続きはお早め(1ヶ月程度)にお願いいたします.
  • 空席がある場合のみ当日参加を受け付けますが,受付開始は事前登録の方を優先します.
  • 当日は事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください.
  • お子様連れでの入場はできません.
  • 会場内での撮影および録音は禁止とします.
  • ホール内では飲食禁止です.
  • 当日の質問用紙は受付時にお渡しし,昼休みに回収致します.
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新5単位が取得できます.
連絡先:
天理よろづ相談所病院 臨床検査部 松谷 勇人
〒632-8552奈良県天理市三島町200番地
TEL 0743-63-5611 (内7407)
E-mail:matsutani@mail.jss.org (できるだけEメールでお願いします)

JSS関西 第30回地方会研修会 プログラム

2018年12月9日(日)
時間 内容
9:30~ 受付
10:05~10:10 オリエンテーション・開会挨拶
10:10~11:00 第Ⅰ部 唾液腺・リンパ節病変
講師
白石 周一 (東海大学医学部付属八王子病院)
司会
井関 進也 (公立豊岡病院)
11:00~11:10 休憩
11:10~12:00 第Ⅱ部 甲状腺・副甲状腺病変
講師
太田 寿 (医療法人神甲会隈病院)
司会
岩永 大 (独立行政法人労働者健康福祉機構関西ろうさい病院)
12:00~13:00 昼休憩
13:00~13:50 第Ⅲ部 皮膚・皮下病変
講師
喜舎場 智之 (社会医療法人阪南医療福祉センター阪南中央病院)
司会
木下 博之 (紀南病院)
13:50~14:00 休憩
14:00~14:50 第Ⅳ部 運動器・関節病変
講師
前田 佳彦 (医療法人豊田会刈谷豊田総合病院)
司会
細井 亮二 (八尾市立病院)
14:50~15:00 休憩
15:00~16:00 第Ⅴ部 総合討論会
講師
白石 周一 (東海大学医学部付属八王子病院)
太田 寿 (医療法人神甲会隈病院)
喜舎場 智之 (社会医療法人阪南医療福祉センター阪南中央病院)
前田 佳彦 (医療法人豊田会刈谷豊田総合病院)
当日に質問用紙を配布し,会場からの質問や意見について,各領域の講師に討論して頂きます.
事前に準備した質問等を書いて頂いても結構です.