地方会委員会

JSS北海道 第37回地方会学術集会のお知らせ

主催:JSS 北海道地方会・一般社団法人日本超音波検査学会
実行委員長:小野寺 亜希(苫小牧市立病院 臨床検査科)
ランチョン提供:株式会社 フィリップス・ジャパン

*悪天候等気象影響による地方会開催状況につきましては開催状況ページで確認ができますのでご参照ください.

JSS北海道 第37回地方会学術集会を下記のとおり開催いたします.

今回は『 The対比 ~超音波画像と病理組織像・他モダリティを対比する! 』をテーマに行います.

超音波検査を行う際,他モダリティの検査が行われていればそれらを確認し,また生検や手術が施行された症例では病理組織像と超音波像を対比し検討することが重要なのは言うまでもありません.超音波検査や他の画像検査,病理組織学的診断にはそれぞれ特性があり,それらを対比した場合,一致することも相違することもあります.すべての症例において対比を行うことは容易な作業ではありませんが,私たちが超音波で診断した結果が正しかったのかを比較検討することは大切です.

そこで今回,心血管領域を経験豊富なソノグラファーから他モダリティとの対比を交えて,消化器領域と乳腺領域を病理像との対比でこれまで多くの興味深いご講演をされている医師にお願いいたしました.今回のテーマを通して講師の先生方の知識を学び,超音波像を紐解く鍵となればと思います.

多数の皆様にご参加頂きますようお願い申し上げます.

*一般演題の募集も行っておりますので,多数のご応募をお願い致します.

テーマ:
『The対比 ~超音波画像と病理組織像・他モダリティを対比する!』
日時:
2019年12月14日(土) 10時00分~17時50分 (受付開始9時30分~ )
会場:

札幌医科大学臨床教育研究棟 1階 大講堂

北海道札幌市中央区南1条西16丁目
(附属病院の北側)
□札幌市営地下鉄東西線「西18丁目駅」下車5番出口より徒歩3分
□札幌市営電車「西15丁目」下車徒歩3分
札幌医科大学交通アクセス http://web.sapmed.ac.jp/jp/info/access.html
参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円,非会員(事前登録なし):4,000円
定員:
300名

ランチョンセミナー
事前登録者にはお弁当を配布致しますので,参加受付時に引換券をお受け取り下さい.
(注)だだし、講演開始より10分経過後は無効になります.

*非会員の方は、当日お弁当に余裕がある場合はご案内いたします.
事前登録:
受付開始 受付期間(Webのみ):2019年10月31日~
受付締切 郵便振替11月21日まで/クレジット決済12月5日まで
*事前登録の入金をいただいて登録完了となります.入金されない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください.
ご注意:
  • 変更など最新情報や申込状況はホームページ(http://www.jss.org/)でご確認ください.
  • 悪天候等気象影響による地方会開催状況につきましてはHP地方会のページの開催状況で確認ができますのでご参照ください.
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です.
    非会員や入会手続中の方はご利用いただけません.
    入会の手続きはお早め(1ヶ月程度)にお願いいたします.
  • 空席がある場合のみ当日参加を受け付けますが,受付開始は事前登録の方を優先します.
  • 当日は事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください.
  • お子様連れでの入場はできません.
  • 会場内での撮影および録音は禁止とします.
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新5単位が取得できます.
  • その他,お知らせ事項についてご確認ください.
連絡先:
JSS北海道地方会事務局
E-mail jss-hokkaido@mail.jss.org
医療法人 萬田記念病院 放射線科 菊地 実
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西1丁目

≪一般演題公募のご案内≫

  • 領  域:全領域(発表者は当会会員に限ります)
  • 申込要領:下記のボタンから投稿システムにアクセスし「JSS北海道第37回地方会学術集会」にお申込みください.
    抄録の提出はJSS北海道のHPからweb登録となります.
    抄録書式は,演題名:全角30文字まで,抄録本文:全角800文字(半角1600文字),図表を添付する場合は全角560文字(半角1120文字)まで.*白黒印刷
  • 発表時間:発表時間:7分,質疑:3分
  • 投稿締切:11月24日正午(投稿システム開始日は事前登録開始日11/1より稼動いたします.)
  • 規定数(10題)に達し次第,締切となります.
  • 演題採否およびプログラム編成はご一任ください.一般演題についてはプログラムが変更される場合があります.
  • 一般演題発表者は参加5単位に加え,発表5単位の取得が可能です.
  • 一般演題発表者は参加登録が必須となっております.早めの事前登録をお願いします.
  • 演題取り下げや,やむを得ない事情による演者変更のある場合には連絡先にご連絡をお願いいたします.

JSS北海道 第37回地方会学術集会 プログラム

2019年12月14日(土)  ~1階 臨床大講堂
時間 内容
9:30~ 受付
9:55~10:00 開会挨拶・オリエンテーション
10:00~10:40 第Ⅰ部 一般演題①
座長:
福西 雅俊(北海道社会事業協会 帯広病院 臨床検査科)
中鉢 雅大(北海道大学病院 検査・輸血部)
  1. 左室緻密化障害の長期経過観察中に大動脈弁輪拡張を伴った1症例
    湊 舞(市立旭川病院中央検査科)
  2. 左室駆出率計測時における長径短縮率を用いた収縮能評価の有用性
    樋口 貴哉(砂川市立病院 診療技術部 検査科)
  3. 収縮期の右房容量負荷が三尖弁輪収縮期移動距離に及ぼす影響
    村山 迪史(北海道大学病院 超音波センター)
  4. 超音波検査が経過観察に有用であった外傷性総頸動脈仮性瘤の1例
    野呂 恵子(市立函館病院 中央検査部)
10:40~11:50 第Ⅱ部 一般演題②
座長:
田村 悦哉(肝臓クリニック札幌 臨床検査科)
中村 俊一(JA北海道厚生連 帯広厚生病院 医療技術部 放射線科)
  1. 経過観察に腹部USが有用であったHenoch-Schönlein紫斑病の1例
    林 光昭(社会医療法人 母恋 天使病院 検査課)
  2. 超音波検査で門脈肝静脈シャントを同定できた肝性脳症の1症例
    畑山 明美(市立旭川病院 中央検査科)
  3. 急性膵炎を契機に発見された膵粘液癌の1切除例
    小野寺 亜希(苫小牧市立病院 臨床検査科)
  4. 糖尿病患者における肝線維化の評価
    齋藤裕志(萬田記念病院糖尿病センター 放射線科)
  5. 穿刺吸引細胞診後に一過性甲状腺腫大を呈した2症例
    佐藤 文昭(国家公務員共済組合連合会 札幌医療センター 臨床検査科)
  6. 発表取り消し
     
  7. 超音波検査が診断の契機となった精巣原発悪性リンパ腫の1例
    福西 雅俊(社会福祉法人北海道社会事業協会 帯広病院 臨床検査科)
11:50~12:05 休憩・ランチョン準備
12:05~13:05 ランチョンセミナー(提供:株式会社 フィリップス・ジャパン)
『基本47枚の心エコー ~心臓専門クリニックの取り組み~』
講師:
山下 雅敏 (札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック)
司会:
菊地 実(医療法人 萬田記念病院 放射線科)
13:05~13:20 休憩
13:20~14:20 第Ⅲ部 講演 『乳房正常解剖の理解を超音波観察に活かす』
講師:
何森 亜由美 (高松平和病院 乳腺外科)
司会:
西田 睦(北海道大学病院 検査・輸血部)
14:20~14:30 休憩
14:30~15:30 第Ⅳ部 ワークショップ   *オーディエンスアンサー使用
みんなdeアンサー 心エコー『First impression!あなたの診断は何?』
講師:
山崎 正之 (大阪府済生会中津病院 検査技術部)
司会:
石川 嗣峰(手稲渓仁会病院 臨床検査部)
15:30~15:40 休憩
15:40~16:40 第Ⅴ部 講演 『血管診療を理解し、血管エコーの長所を生かす』
*オーディエンスアンサー使用
講師:
中島 里枝子 (東京医科歯科大学大学院 総合外科学分野)
司会:
菊地 実(医療法人 萬田記念病院 放射線科)
16:40~16:50 休憩
16:50~17:50 第Ⅵ部 講演 『消化管癌の病理 癌取扱い規約に対応した断層診断のために』 
*オーディエンスアンサー使用
講師:
市原 真 ( JA北海道厚生連 札幌厚生病院 病理診断科)
司会:
小野寺 亜希(苫小牧市立病院 臨床検査科)