地方会委員会

JSS北海道 第32回地方会学術集会のお知らせ

主催:JSS 北海道地方会・一般社団法人日本超音波検査学会
実行委員長:田村 悦哉(肝臓クリニック札幌)

JSS北海道 第32回地方会学術集会を下記のとおり開催いたします。

今回は『匠の抽斗(ひきだし)を覗く!~明日からの検査にエッセンスを~』と題して開催いたします。
匠達は日常検査を行う上で、さまざまな基礎的な知識の上に、さらに多くの症例を経験して、たくさんの抽斗を持っています。そんな先生方に大事な症例や紛らわしい症例、希少例などを他のモダリティーなども合わせて解説して頂きます。皆さんの抽斗に新しいエッセンスが加わり、明日からの検査の幅を広げて頂きたいと思います。
多数の皆様にご参加頂きますようご案内申し上げます。

* 一般演題の募集も行っておりますので、多数のご応募をお願い致します。

テーマ:
『匠の抽斗を覗く!〜明日からの検査にエッセンスを〜 』
日時:
2018年3月3日(土) 10時00分~18時10分 (受付開始9時30分~)
会場:
札幌医科大学臨床教育研究棟1階 大講堂
北海道札幌市中央区南1条西16丁目
(附属病院の北側)
  • 札幌市営地下鉄東西線「西18丁目駅」下車5番出口より徒歩3分
  • 札幌市営電車「西15丁目」下車徒歩3分
札幌医科大学交通アクセス http://web.sapmed.ac.jp/jp/info/access.html
参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円,非会員(事前登録なし):4,000円
定員:
400名

ランチョンセミナー定員:先着 300名
当日受付時に参加整理券をお渡しいたします。参加整理券はセミナー参加時にお弁当引換券となります。
(ご注意)講演開始より10分経過しますと整理券は無効になります。
整理券をお持ちでない方は、第一会場入り口付近でお待ちください。お弁当に余裕がある場合は配布いたします。

事前登録:
受付期間(Webのみ):2018年1月18日~
締切 郵便振替2月16日まで/クレジット決済2月22日まで
  • 事前登録の入金をいただいて登録完了となります。入金されない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。
ご注意:
  • 変更など最新情報や申込状況はホームページ(http://www.jss.org/)でご確認ください。
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です。
    非会員や入会手続中の方はご利用いただけません。
    入会の手続きはお早め(1ヶ月程度)にお願いいたします。
  • 空席がある場合のみ当日参加を受け付けますが、受付開始は事前登録の方を優先します。
  • 当日は事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください。
  • お子様連れでの入場はできません。
  • 会場内での撮影および録音は禁止とします。
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新5単位が取得できます。
  • その他、お知らせ事項についてご確認ください。
連絡先:
JSS北海道地方会事務局
E-mail: jss-hokkaido@mail.jss.org

≪一般演題募集のお知らせ≫

  • 領域:全領域 (発表者は当会会員に限ります)
  • 申込要領:下記のボタンから投稿システムにアクセスし「JSS北海道第32回地方会学術集会」にお申込みください。
    抄録の提出はJSS北海道のHPからweb登録となります。抄録書式は、演題名:全角30文字まで、抄録本文:全角800文字(半角1600文字)、図表を添付する場合は全角560文字(半角1120文字)まで。*白黒印刷
  • 発表時間:発表時間:7分、質疑:3分
  • 投稿締切:2月3日正午
  • 規定数(12題)に達し次第,締切となります。
  • 演題採否およびプログラム編成はご一任ください。一般演題についてはプログラムが変更される場合があります。
  • 一般演題発表者は参加5単位に加え、発表5単位の取得が可能です。
  • 一般演題発表者は参加登録が必須となっております。早めの事前登録をお願いします。
  • 演題取り下げや、やむを得ない事情による演者変更のある場合には連絡先にご連絡をお願いいたします。
※一般演題の募集を締めきりました。

JSS北海道 第32回地方会学術集会 プログラム

2018年3月3日(土)~1階 臨床大講堂~
時間 内容
9:30~ 受付
9:55~10:00 開会挨拶・オリエンテーション
10:00~11:00 第Ⅰ部 一般演題①
座長:
小野寺 亜希(苫小牧市立病院 臨床検査科)
福田 友美 (市立函館病院 中央検査部)
  1. 胎児超音波スクリーニング検査が発見の契機となった巨大尿管の1例
    (公益社団法人 北海道勤労者医療協会 勤医協札幌病院 岡部 美恵)
  2. 小腸閉塞を契機に発見された胃腸管外間葉系腫瘍(EGIST)の1例
    (市立函館病院 平方 奈津子)
  3. 中性脂肪高値に合併した膵酵素上昇を伴わない急性膵炎の1例
    (北海道社会事業協会 帯広病院 高田 裕美子)
  4. 多発する高エコー結節像を呈した肝膿瘍の1例
    (市立旭川病院 畑山 明美)
  5. 全身に多数の痛風結節を認めた慢性痛風性関節炎の1例
    (北海道大学病院 超音波センター 村山 迪史)
11:00~11:10 休憩
11:10~12:10 第Ⅱ部 一般演題②
座長:
福西 雅俊(北海道社会事業協会 帯広病院 臨床検査科)
安井 謙司(札幌医科大学附属病院 検査部)
  1. 高度out of proportion PHが術後正常化した僧帽弁逸脱症の1例
    (北海道社会事業協会 小樽病院 齋藤 和)
  2. 心尖部瘤化を認めた肥大型心筋症の超音波所見
    (市立旭川病院 中央検査科 山田 和明)
  3. 高度貧血に心不全を合併した1例の心エコー図検査指標変化
    (札幌医科大学附属病院 検査部 大井 由紀子)
  4. S字状中隔例における右室サイズ評価の注意点
    (北海道大学大学院保健科学研究院 岡田 一範)
  5. 透析患者に見られた僧帽弁輪石灰化に付着する可動性構造物の1例
    (苫小牧市立病院 臨床検査科 長埜 裕未)
  6. シャントPTAに対して、エコーが有用であった1症例
    (国家公務員共済組合連合会 札幌医療センター 佐藤 文昭)
12:10~12:35 休憩・ランチョン準備
12:35~13:25 株式会社 日立製作所ヘルスケア札幌第一営業所 *当日整理券を受付にて配布いたします
製品紹介:最新エコーのご紹介
ランチョンセミナー:
『膵がんの早期発見・早期治療につながる超音波検査
-スクリーニングと精査におけるARIETTA850の可能性-』
講師:
南里 和秀(静岡県立静岡がんセンター 生理検査室 技師長)
司会:
菊地 実 (萬田記念病院 放射線科)
13:25~13:40 休憩
13:40~14:40 第Ⅲ部 講演 『症例から考える断層法とドプラ法の匠の技』
講師:
中島 英樹(筑波大学附属病院 検査部)
司会:
石川 嗣峰(手稲渓仁会病院 臨床検査部)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:50 第Ⅳ部 ワークショップ 『あなたならどうする?甲状腺!び漫性も結節性疾患もたっぷりみんなで考えよ−』
講師:
藤岡 一也(大阪市立大学附属病院 中央臨床検査部)
司会:
島崎 洋 (JA北海道厚生連 遠軽厚生病院 医療技術部 放射線技術科)
髙橋 智子(北海道勤労者医療協会 勤医協札幌病院 検査科)
15:50~16:00 休憩
16:00~17:00 第Ⅴ部 講演 『腹部超音波検診の現実を覗け〜どこを観て何を考えるか〜』
講師:
千葉 祐子(北海道労働保健管理協会 臨床検査部)
司会:
田村 悦哉(肝臓クリニック札幌 臨床検査科)
17:00~17:10 休憩
17:10~18:10 第Ⅵ部 講演 『急性腹症〜提示症例から擬似的に症例を経験し抽斗を増やす〜』
講師:
大石 武彦(取手北相馬保健医療センター医師会病院 放射線科)
司会:
菊地 実 (萬田記念病院 放射線科)