地方会委員会

JSS中部 第32回地方会学術集会のお知らせ

主催: JSS 中部地方会・一般社団法人日本超音波検査学会
実行委員長: 杉本 邦彦(藤田医科大学病院)
装置借用協力:GEヘルスケア・ジャパン株式会社
装置借用協力:株式会社 日立製作所

2020年3月1日(日)開催予定のJSS中部第32回地方会学術集会、および2020年3月8日(日)開催予定のJSS関東甲信越 第43回地方会学術集会につきまして鋭意準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止および参加者の安全確保の観点より中止させていただくこととしました。
参加予定の皆様、関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。
なお、事前登録者の参加費につきましては追ってメールにてご連絡いたします。

 2020年2月21日
 一般社団法人日本超音波検査学会 理事長 種村 正

JSS中部第32回地方会学術集会を名古屋国際会議場にて開催いたします.

今回のテーマは「ライブで学ぶ超音波検査の基本から臨床応用」〜 専門医と考えるエコーの魅力 〜です.

超音波検査はあらゆる診療の現場で非常に有用であるツールであることに間違いはありません.一方,指導して頂ける医師や技師が不在の場合,描出はこれで良いのか?解釈は間違っていないか?など日々の検査に不安を抱えながら検査を行っているご施設も少なくないと思います.今回は各領域2部構成行います.第1部としてエキスパートとしてご活躍されている技師の先生より,日頃のルーティンで行われるべき基本的なアプローチ法から所見を見逃さない為の一工夫などをライブでご講演頂きます.第2部として,各領域においてご活躍されている専門医の先生方に超音波画像や所見がどのように日常臨床に活かされているか?これだけは見逃さないでほしい所見などを踏まえて,超音波技師や超音波検査に期待していることについてご講演頂く予定です.また,今回は学術集会ですので,一般演題発表の募集も行っております.公募内容をご確認の上,ご応募下さい.多数のご参加をお待ちしております.

テーマ:
「ライブで学ぶ超音波検査の基本から臨床応用」
~ 専門医と考えるエコーの魅力 ~
日時:
2020年3月1日(日) 9時30分~15時35分
会場:
名古屋国際会議場 2号館3F
名古屋市熱田区熱田西町1番1号
https://www.nagoya-congress-center.jp
受付:
2号館3Fにて受付を行います.
map

map

参加費:
正会員・事前登録:2,000円,正会員・当日受付:2,500円,
非会員(事前登録なし):4,000円
定員:
600名
事前登録:
受付開始 2020年1月6日
受付締切 郵便振替 2020年1月23日 振込期限 2020年1月31日
クレジット決済 2020年2月20日
*事前登録の入金をいただいて登録完了となります.入金されない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください.
ご注意:
  • 変更など最新情報や申込状況はホームページ(http://www.jss.org/)でご確認ください.
  • 事前登録は登録時点で入会が承認されている会員の方のみご利用が可能です.
    非会員や入会手続中の方はご利用いただけません.入会の手続きはお早め(1ヶ月程度)にお願いいたします.
  • 空席がある場合のみ当日参加を受け付けますが,受付開始は事前登録の方を優先します.
  • 当日は事前登録の有無に関わらず会員証をご持参ください.
  • 小さなお子様連れでのご入場は進行の妨げとなるため,ご遠慮頂いております.
  • 会場内での撮影および録音は禁止とします.
  • 会場内での飲食は可能ですが,ゴミは各自でお持ち帰り下さい.
  • ランチョンセミナーを予定しております.ご希望の方は受付時にチケットをお取りください.
    チケットの配布は事前登録をされた方,会員の方を優先します.非会員の方は当日のお弁当に余裕がある場合のみご案内いたします.
    なお,チケットの配布は無くなり次第終了とさせて頂きます.予めご了承ください.
    (注)チケットは講演開始より10分経過後には無効とさせて頂きます.
  • 本会は日本超音波医学会認定の超音波検査士資格更新5 単位が取得できます.
  • その他,お知らせ事項についてはJSSホームページにてご確認ください.
連絡先:
藤田医科大学病院 臨床検査部 超音波センター 杉本 邦彦
〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
TEL:0562-93-2203(超音波センター直通)
E-mail:sugimoto@mail.jss.org (できるだけE メールでお願いいたします)

≪一般演題公募のご案内≫

領  域:
領域は問いません.(発表者は会員,または指導教員が会員である非会員の学生)
申込要領:
下記のボタンから投稿システムにアクセスし「JSS中部第32回地方会学術集会」にお申し込みください.
投稿締切:
2020年2月7日(金)
  • 演題採否およびプログラム編成はご一任ください.
  • 規定数に達し次第,締め切りとなります.
  • 一般演題発表者は参加5単位に加え,発表5単位の取得が可能です.
  • 一般演題発表者は参加登録が必須となっております.早めの事前登録をお願いします.
  • 演題取り下げや,やむを得ない事情による演者変更のある場合には連絡先にご連絡をお願いいたします.
一般演題投稿

JSS中部 第32回地方会学術集会 プログラム

2020年3月1日(日) 第一会場:国際会議室
時間 内容
9:30~10:30 第1部 ライブ講演 「循環器領域」
「心エコーの基本的なアプローチ」
講師:
神野真司 先生(藤田医科大学病院)
司会:
鈴木駿輔 先生(静岡県立総合病院)
循環器領域の経験豊富なスペシャリストから,基本的なスクリーニング法や所見の見逃しを減らす為の工夫等を踏まえてお話頂きます.
10:30~10:40 休憩
10:40~11:40 第2部 特別講演
「心エコー検査の光と影と展望と」
講師:
瀬尾由広 先生(名古屋市立大学病院)
司会:
石神弘子 先生(名古屋第2赤十字病院)
専門医の立場から心エコーに携わる技師や心エコーに期待する所をお話頂きます.
11:40~12:10 休憩
12:10~13:10 第3部 ランチョンセミナー(GEヘルスケアジャパン)
座長:
杉本邦彦 先生(藤田医科大学病院)
演者:
石神弘子 先生(名古屋第二赤十字病院)
LOGIQ E10 心臓領域の使用経験
~心不全の評価に用いて~
演者:
米山昌司 先生(静岡県立静岡がんセンター)
LOGIQ E10 腹部領域の使用経験
~スクリーニング検査から精査まで~
13:10~13:20 休憩
13:20~14:20 第4部 ライブ講演 「消化器領域」
「ライブで学ぶ肝胆膵の超音波検査」
講師:
杉山博子 先生(藤田医科大学病院)
司会:
元地 進 先生(浅ノ川総合病院)
消化器領域の経験豊富なスペシャリストから,基本的なスクリーニング法や所見の見逃しを減らす為の工夫等を踏まえてお話頂きます.
14:20~14:30 休憩
14:30~15:30 第5部 特別講演
「生還できる膵癌 “10mm以下膵癌”を見つける」
講師:
廣岡芳樹 先生(藤田医科大学 医学部 肝胆膵内科)
司会:
刑部恵介 先生(藤田医科大学 医療科学部)
専門医の立場から腹部エコーに携わる技師や腹部エコーに期待する所をお話頂きます.
15:30~15:35 閉会
2020年3月1日(日) 第二会場:232・233会議室
時間 内容
9:30~10:30 第1部 ライブ講演 「関節領域」
「ライブで学ぶ関節エコー」
講師:
日比亮輔 先生(名古屋膠原病リウマチ痛風クリニック)
司会:
渡辺恒夫 先生(岐阜大学医学部附属病院)
関節領域の経験豊富なスペシャリストから,基本的なスクリーニング法や所見の見逃しを減らす為の工夫等を踏まえてお話頂きます.
10:30~10:40 休憩
10:40~11:40 第2部 特別講演
「リウマチ性炎症性疾患の関節エコーを行う方々へのリウマチ専門医からのメッセージ」
講師:
玉置繁憲 先生(名古屋膠原病リウマチ痛風クリニック)
司会:
前田佳彦 先生(刈谷豊田総合病院)
専門医の立場から関節エコーに携わる技師や関節エコーに期待する所をお話頂きます.
11:40~12:00 休憩
12:00~12:10

12:10~13:10
第3部 ランチョンセミナー:乳腺領域(日立製作所)
「ARIETTA850でみえてきた腫瘤の内部エコーを考える」
演者:
森田孝子 先生(名古屋医療センター 乳腺外科)
座長:
熊谷祐佳里 先生(国家公務員共済組合連合会 東海病院)
13:10~13:20 休憩
13:20~14:20 第4部 ライブ講演 「血管領域」
「ライブで学ぶ超音波検査の基本から臨床応用・血管(頸動脈・下肢静脈)」
講師:
高井洋次 先生(藤田医科大学病院)
司会:
塩崎真弓 先生(富山大学附属病院)
血管領域の経験豊富なスペシャリストから,基本的なスクリーニング法や所見の見逃しを減らす為の工夫等を踏まえてお話頂きます.
14:20~14:30 休憩
14:30~15:30 第5部 特別講演 「専門医が語る血管エコーの魅力」
講師:
濱口浩敏 先生(北播磨総合医療センター)
司会:
此川静香 先生(富山市民病院)
専門医の立場から血管エコーに携わる技師や関節エコーに期待する所をお話頂きます.
15:30~15:35 閉会
2020年3月1日(日) 第三会場:234会議室
時間 内容
9:40~10:30 第1部 一般演題(消化器領域)
座長:
安本浩二 先生(三重県立総合医療センター)
座長:
伊藤将倫 先生(名鉄病院)
1-1:
大嶋 慎也(トヨタ記念病院)
デング熱で見られるreticular patternを観察しえた1例
1-2:
小林 晟奈(藤田医科大学病院)
半年間で増大を認めた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
1-3:
樋口 綾子(静岡県立総合病院)
画像検査での判断が困難であった胆嚢癌の1例
1-4:
中村 佐織(静岡県立こども病院)
胆道閉鎖症における超音波所見の検討
1-5:
無藤 知沙(静岡県立こども病院)
当院で施行している脊髄超音波検査スクリーニング検査の報告
1-6:
藤下 真澄(静岡県立こども病院)
腰仙部皮膚洞の3症例
10:30~10:40 休憩
10:40~11:40 第2部 一般演題 (消化器・その他)
座長:
江端清和 先生(福井大学医学部附属病院)
座長:
中村元哉 先生(静岡県立総合病院)
2-1:
佐野 友亮(藤田医科大学)
Shear Wave Measurementに影響を与える因子の検討
2-2:
安本 浩二(三重県立総合医療センター)
右側臥位による膵尾部描出能と膵臓の走行との比較検討
2-3:
廣田 元紀(トヨタ記念病院)
肝血管筋脂肪腫との鑑別に苦慮した肝細胞癌の1例
2-4:
石倉 宗弥(富山市立富山市民病院)
粘膜下腫瘍と鑑別が困難であった結腸間膜デスモイド腫瘍の1例
2-5:
久住 裕俊(静岡県立総合病院)
膵臓・胃に再発した急性骨髄性白血病の髄外浸潤の1例
2-6:
宮田 真希(三重大学医学部付属病院)
多発腫瘤を形成した IgG4関連自己免疫性膵炎の1例
2-7:
村瀬 右佳(岐阜県総合医療センター)
胎児超音波検査が診断の契機となった一過性骨髄異常増殖症の1例
11:40~12:10 休憩
12:10~13:10 第3部 ランチョンセミナー(キヤノンメディカルシステムズ)
腹部超音波は肝硬度からAttenuation Imagingの時代へ
~ Aplio iシリーズの近未来臨床における有用性 ~
演者:
舘 佳彦 先生(藤田医科大学ばんたね病院)
座長:
刑部恵介 先生(藤田医科大学 医療科学部)
13:10~13:20 休憩
13:20~14:05 第4部 一般演題(循環器領域)
座長:
宮嶋良康 先生(金沢大学附属病院)
座長:
中村和広 先生(藤田医科大学病院)
4-1:
鈴木 駿輔(静岡県立総合病院)
拡張期・収縮期における僧帽弁輪部径と弁輪部面積の検討
4-2:
村山 博紀(トヨタ記念病院)
慢性腎臓病が左室心筋に与える負の効果
4-3:
山崎 歌音(藤田医科大学)
たこつぼ心筋症における心筋のねじれ運動と各種因子との関係
4-4:
栗林 真子(藤田医科大学病院)
非心臓手術患者に対する術前心エコー図検査の有用性
4-5:
加藤 雅也(藤田医科大学病院)
心エコー所見の経時変化を観察し得た心アミロイドーシスの1例
14:05~14:15 休憩
14:15~15:00 第5部 一般演題(循環器領域)
座長:
杉本邦彦 先生(藤田医科大学病院)
座長:
松井由美 先生(杉山循環器クリニック)
5-1:
岸 久美子(小牧市民病院)
心房中隔欠損を合併した右房性三心房心が疑われた1症例
5-2:
下木場 真衣(名古屋ハートセンター)
大動脈弁に生じた乾酪性石灰化病変の1例
5-3:
久野 真季(大同病院)
心エコーが経過観察に有用であった悪性リンパ腫右房浸潤の1例
5-4:
立松 美幸(名古屋ハートセンター)
生体弁置換術後に血栓弁を疑った1例
5-5:
福岡 佳奈(藤田医科大学病院)
検査手順支援機能(Protocol機能)導入効果の検討
15:00~15:10 閉会